車を手放す理由ランキング!No.1は節約のため?

 

車業界は年々シェアが減りつつあります。

 

その理由としては、
不景気などもあるでしょう、
または少子高齢化の煽りもあるのかもしれません。

 

このように、
車を手放す理由は、
沢山あるかと思いますが、
その理由で一番多いのはどのような理由でしょう。

 

 

そんな皆さんが車を手放す理由をまとめてみました。

 

 

手放す理由3位

 

故障、事故。

 

16万キロ走行の
自家用車がラジエーターから煙吹いた。

 

3回ケツ振って
ガードレールにぶつかったから。

 

このように予期せぬ事故や、
故障により愛車と涙の別れを
余儀なくされる方も多いようです。

 

車を大事にしてやればと思っても後の祭りですね。

 

 

第2位は

 

生活環境の変化の様ですね。

 

二人の子供が独立し
女房も免許を持っていないので、
車もバイクも乗るのは私しかいません。

 

駅近だと、
車を日常では使わなくなるよね。

 

生活環境の変化は誰にでも起こりうる事です。

 

例えば、子育てが終わり
車を使う必要が無くなったや、
駅の近くや、都心に引っ越したため
車の必要性を感じなくなったなど、
様々でしょうがライフスタイルに合わせて
車を買い替える為に手放すといった方も多いようです。

 

 

手放した理由1位は

 

やはり車を手放す理由として多いのは
経済的な理由の様です。

 

燃費が悪いですね

 

愛車も愛妻も古くなると維持費が掛かる

 

都会は駐車料金が高すぎて・・車、諦めて手放しましたデス。

 

経済的な理由と言っても様々ですが、
やはり修理や車検、税金と言った維持費から解放されたい
と思って手放す方や、
駐車場が無く駐車場のレンタル料金が高いために
車を手放す方などが多い中、
やはり日ごろ使う物ですので燃費も気になりますよね。

 

燃費が悪い車は、
手放して新しい燃費の良い車にされる為に
手放したと言われる方もいらっしゃいました。

 

車のシェアの縮小だけを見ると、
販売側だけが苦しいように見えていましたが、
保有する側も苦しいという現実があるようです。

 

経済が向上すると変わるのかもしれません。

 

 

手放す代わりにカーシェア?

 

最近はカーシェアリングなんて言葉を良く耳にします。

 

車を手放してもカーシェアをする事で
不便さを感じないそうなのですが、
これができるのは都心の方たちだけかなと思ってしまします。

 

急な用事で急遽車が必要になった際に、
どうするのでしょうか、
車がたまたま空いていればいいですが、
これを考えるとやはりカーシェアの傍ら一台は
自由に動かせる車が一台は必要かなと思ってしまいますよね。

 

レンタカーやカーシェアリングに
切り替えようかなと思う方も、
実行する前に一度手放した後の事を
良く考えてから手放すと良いかもしれませんね。