車を手放す方法としてディーラー下取りが損である理由

 

今乗っている車から、
次の車へ乗り換える際の車を手放す方法の一つとして、
最も皆さんが利用されているのが、
ディーラーへの下取りと言う方法ではないでしょうか?

 

しかし、このディーラーでの下取りは,
実は損をしてしまう可能性が高いと知っていましたか。

 

損をしてしまう可能性は
無いはずだと思われている方もいらっしゃるかと思いますので、
損をしてしまう理由をご紹介します。

 

下取りの金額は年式でほぼ決まっている

 

ディーラーで下取り査定を依頼した際に、
ほとんど付きませんよと言われた経験はありませんか?

 

どうして査定もしないのに、
そんな事が分かるんだと気分が悪くなってしまいますよね。

 

実はこれには、
年式で金額がほぼ決まっているのが問題なのです。

 

例えば、
年式がかなり古い物でも
輸出に強い車種があるのですが、
下取り価格はゼロと言われる事があります。

 

これは、
通信ディーラー等は下取りした車を
直接別のお客へ再販していますので、
地域で売れないような車は、
たとえ輸出に強くても売る自信がないため
安く下取りをしたりするのです。

 

他にもディーラーでは
輸出するような貿易ラインを持っていないのも原因です。

 

そのため、
輸出すると30万円で売れる車を
ディーラーに下取りを依頼すると5万円以下で下取りされ、
結果として25万円は損をしてしまうというような事も起こりえるのです。

 

下取り価格に騙されない

 

見積りを貰うと
下取り価格が入っていますよね。

 

しかし、これは下取りと値引き額を
足した金額での提示になっている可能性が高いのです。

 

この下取り額の提示により騙されている方が多いのです。

 

もしも輸出に強い車で
輸出では30万円の値段が付いたとした場合に、
ディーラーでの下取り提示額が30万円だったとします。

 

この場合に、
下取りと値引きが合算で提示してあると、
下取り額は30万円にはなっておらず、
良いところ10万円から15万円の可能性が高いです。

 

これだと少なくても
10万円から15万円は損をしてしまいます。

 

ですので、
絶対にディーラーでの
下取り価格に惑わされないようにすることが大切です。

 

損をしないためには

 

ではどのようにすると、
損をしなくて良いのでしょうか。

 

それは、買い取り業者に売却をする事です。

 

なぜかと言うと、
買い取り業者であれば、
ほぼ貿易ラインを持っている場合が多く、
高額で買い取りをしてもらえるのです。

 

更に、
下取りをディーラーに出さないことで、
下取り価格で誤魔化せないので、
しっかりと値引き交渉もできるため、
結果として安く購入することができ、
特をする事に繋がるのです。