車を手放すのは寂しい?後悔する?体験談を紹介

 

車を手放してみたものの実際に手放してみたら、
なんだか寂しい気分になってしまう方や、
手放した後に手放さなければよかったなどと後悔をされる方や、
車を売って本当に良かったと思われている方など
人それぞれです。

 

今回は実際に車を手放した方の体験談を紹介いたします。

 

車との思い出

 

私は車を売る前に写真をもっと
取っておけばよかったなと感じています。

 

やはり長年乗ってきた愛車を手放すとなると、
愛着があるため、感傷に浸ってしまいますよね。

 

愛車の姿を記憶の中だけではなく
写真として目で見えるものにして残しておけばよかったと
後悔している方が多いようです。

 

特に思い出が詰まった車なら
写真を見るたびに記憶が蘇り、
いつでも楽しい時間に戻れそうですよね。

 

車検代や駐車料が浮いた

 

車を手放すことで、
駐車場代や保険代だけで20万円、
車検や自動車税を含めると30万円近く、
年間削減することができました。

 

車を手放してみると今まで車に掛かっていた、
経費が減り、他の物に回せるお金が増えたといわれる方も多いようです。

 

最近ではカーシェアなどの方法もあり、
都心部では公共交通機関も充実しているので良いかもしれませんが、
田舎では交通機関が少ないのが悩みかもしれませんね。

 

車を手放す時には良く考える

 

このように、車を手放して寂しい思いをしている方もいれば、
本当に良かったと思われている方もいるようですね。

 

車を手放す場合には、
良く考えて後悔をしないようにしましょう。